介護事業・福祉事業の処遇改善加算制度・キャリアパス策定・職場環境改善・スタッフ研修など、スペック経営研究所はさまざまなプロフェッショナルによる介護事業・福祉事業の経営改善支援チームです。

CareTEX福岡’21の専門セミナーに登壇しました! - 介護事業 福祉事業の処遇改善加算 キャリアパス策定 職場環境改善 スタッフ研修 相談・アドバイス | スペック経営研究所

CareTEX福岡’21の専門セミナーに登壇しました!

◎CareTEX福岡’21

2021/09/29に、マリンメッセ福岡にてCareTEX福岡’21が開催されました。

CareTEX福岡は、九州エリア最大の介護業界向け商談型展示会です。
展示会と併せて、各方面の専門家を招いて、様々な公演も催されます。
九州での初開催は2018年でした。
SPEC経営研究所は、コンサルタントの佐藤が、初開催から引き続き登壇させていただいてます。

今年は万全のコロナ対策を実施した上での開催でしたので、セミナー現場では参加人数が制限されました。
とはいえ、昨年が完全にWeb形式だったことを考慮すれば、リアルの場で情報をお伝えできるのはとてもありがたかったです。

 

◎講演テーマの概要

今年の公演テーマは「採用戦略」でした。

戦略と言うからには、目先の人手不足に対応するための単なる人手集めから脱却しなければなりません。
長期的な視点から、求める人材要件を明確に定義することが大切になってきます。

人材要件の定義というプロセスは、人材育成戦略の練り直し・ブラッシュアップの一環でもあります。
そのプロセスを丹念にすすめると、組織が人材に求める「価値観」が明らかになってきます。
「価値観が共有できる人材」は、長期的に施設運営に貢献してくれる確率が圧倒的に高いです。
つまり、採用戦略のターゲットにすべき人材像は、「価値観が共有できる人材」だとSPEC経営研究所は考えます。

今回の公演でご紹介したのは、言わば、人材育成戦略を採用戦略、ひいては経営戦略まで昇華させていくアプローチです。
求人媒体や採用マーケティングのような、いわゆる採用「戦術」には、それほど重きを置いた内容ではありませんでした。

戦術の位置づけは、対処療法と似ています。
その目的は当面の痛みの軽減であり、本質的な改善ではありません。

一方、今回の公演でお伝えしたのは、繰り返しになりますが「戦略」です。
穴の空いたバケツに延々と水を注ぐような状態から脱却するための、「根治療法」的なアプローチといえます。
人材不足体質を解消するべく、人材育成戦略をベースに、改めて「採用戦略」のあり方を捉え直す機会になれば幸いです。

◎講演を見逃した方でも間に合います!!

CareTEX福岡’21の公演で使用した資料はダウンロードが可能だそうです!
(ダウンロードは2021/09/29から1週間限定なのでご注意ください)
公演動画もCareTEX福岡の公式サイトから登録すれば、後日でも閲覧可能とのことでした!

詳細はCareTEX福岡のサイトでご確認ください。
できるだけ多くの方にアクセスいただけると幸いです。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

人事・労務に関することはお気軽にお問い合わせください!

092-555-2722
9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

前後の記事

PAGE TOP