介護事業・福祉事業の処遇改善加算制度・キャリアパス策定・職場環境改善・スタッフ研修など、スペック経営研究所はさまざまなプロフェッショナルによる介護事業・福祉事業の経営改善支援チームです。

簡単経営チェック - 介護事業 福祉事業の処遇改善加算 キャリアパス策定 職場環境改善 スタッフ研修 相談・アドバイス | スペック経営研究所

簡単経営チェック

1.組織内(上下左右関係なく)で十分なコミュニケーションをとれている。
2.就業規則をはじめとした各規定や各条文について、その意図を、根拠とともに説明できる。
3.施設の理念や業務実態に準じ、職種・階層ごとに、職務内容や身に付けておくべき能力などの「期待する職員像」が明文化されている。
4.職員がお互いの仕事や活動内容に興味関心を持っている。
5.1年に1回以上、就業規則の内容を検証する機会を設けている。
6.キャリアパスが実態と乖離あるいは形骸化しており、外部環境や施設方針の変化に応じた見直しの機会を定期的に設けていない。
7.職員一人ひとりが自分の役割をしっかりと理解している。
8.自組織の現状を定期的に分析し、そのデータを、問題の未然防止策の根拠として活用している。
9.労働に関する諸法令の最新動向を常にチェックし、先手先手の対応ができている。
10.キャリアパス制度という「道具」の整備をしたっきりで、その道具をより上手く扱うための「使い手」の訓練が計画的にできていない。
11.無言の圧力やしがらみが存在しており、解消・改善するための具体的な方法がわからない。
12.労務管理について、外部による客観的なチェックを受けたことがない。
13.人事面談やES調査を含め、オフィシャルな何らかの組織分析の取組をしている。
14.給与制度が、キャリアパスや人事考課などの根拠資料をもとに、施設方針との整合を図りながら運用されている。
15.職員に対し、コンプライアンス(労働時間管理・ハラスメント・メンタルヘルス etc…)に関する教育研修の機会を定期的に提供している。
16.組織分析とは別に、定期的な職員との面談(人事考課面談含む)を実施して、正確な現状把握に努めている。
17.教育・研修計画が前年のコピペではなく、人事考課や組織分析などで明らかになった課題を解消するため、常に見直しを怠らない。
18.研修の内容が、実施義務があるものやテクニカルスキル向上を図るものに偏っており、ヒューマンスキル系の定期的な教育・研修をほとんど実施していない。
19.あさ

1.組織内(上下左右関係なく)で十分なコミュニケーションをとれている。
2.就業規則をはじめとした各規定や各条文について、その意図を、根拠とともに説明できる。
3.施設の理念や業務実態に準じ、職種・階層ごとに、職務内容や身に付けておくべき能力などの「期待する職員像」が明文化されている。
4.職員がお互いの仕事や活動内容に興味関心を持っている。
5.1年に1回以上、就業規則の内容を検証する機会を設けている。
6.キャリアパスが実態と乖離あるいは形骸化しており、外部環境や施設方針の変化に応じた見直しの機会を定期的に設けていない。
7.職員一人ひとりが自分の役割をしっかりと理解している。
8.自組織の現状を定期的に分析し、そのデータを、問題の未然防止策の根拠として活用している。
9.労働に関する諸法令の最新動向を常にチェックし、先手先手の対応ができている。
10.キャリアパス制度という「道具」の整備をしたっきりで、その道具をより上手く扱うための「使い手」の訓練が計画的にできていない。
11.無言の圧力やしがらみが存在しており、解消・改善するための具体的な方法がわからない。
12.労務管理について、外部による客観的なチェックを受けたことがない。
13.人事面談やES調査を含め、オフィシャルな何らかの組織分析の取組をしている。
14.給与制度が、キャリアパスや人事考課などの根拠資料をもとに、施設方針との整合を図りながら運用されている。
15.職員に対し、コンプライアンス(労働時間管理・ハラスメント・メンタルヘルス etc…)に関する教育研修の機会を定期的に提供している。
16.組織分析とは別に、定期的な職員との面談(人事考課面談含む)を実施して、正確な現状把握に努めている。
17.教育・研修計画が前年のコピペではなく、人事考課や組織分析などで明らかになった課題を解消するため、常に見直しを怠らない。
18.研修の内容が、実施義務があるものやテクニカルスキル向上を図るものに偏っており、ヒューマンスキル系の定期的な教育・研修をほとんど実施していない。
19.あさ

人事・労務に関することはお気軽にお問い合わせください!

092-555-2722
9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 離職率を効率的に改善するためのポイント③離職率を効率的に改善するためのポイント③ 前回は、 離職理由の3位~5位は 「法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため(18.6%)」 「他に良い仕事・職場があったため(18.2%)」 「自分の将来の見込みが立たなかったため(17.7%)」 3位~5位の本質的な課題は共通しており、ひとまとめに捉え直せば離職理由のダントツ1位であること。 […]
  • 何から手を付ければいいか分からないときに確認すべきポイント「離職率」何から手を付ければいいか分からないときに確認すべきポイント「離職率」 「付加価値率」「損益分岐点売上高」「労働生産性」…   組織の強みや健全性を測定する指標には様々なものがありますが、皆様が重視されるのはどんな指標でしょうか?   組織の価値観はもちろん、業種や業界によっても左右されるでしょうが、殊、介護福祉業界においては、常に「離職率」をチェックしておくことをオススメします。   […]
  • 離職率を効率的に改善するためのポイント①離職率を効率的に改善するためのポイント① 私事ですが、先日、体調を崩して掛かりつけのクリニックに行きました。 通院し始めて3年ほど経ちますが、自分の体調について最初に意見を訊くのは、そのクリニックの先生と決めています。   受付で診察待ちをしている間に、「なぜそこまでの信頼を置くようになったのか?」を改めて考えていたのですが、診察室に呼ばれて診察を受けているときに答えが出ました。 & […]
  • 離職率を効率的に改善するためのポイント②離職率を効率的に改善するためのポイント② では早速、前回申し上げたとおり、離職理由について介護業界全体の傾向を分析してみましょう。   資料として用いるのは、介護労働安定センターがまとめている「介護労働実態調査(H28年度)」です。     同調査の「介護関係の仕事をやめた理由」を上位から並べると   […]
  • 現場リポート(社会福祉法人はぜの実会 様)現場リポート(社会福祉法人はぜの実会 様) 今回は実際のご支援の様子をご紹介いたします。   掲載の許可をくださったのは、久留米にある社会福祉法人はぜの実会様です。 今年の7月4日(水)にマリンメッセ福岡で開催されたCareTEX福岡2018にて、SPEC経営研究所の佐藤が担当したセミナーにもご参加いただきました。 10年20年先の人口動態を見据えて、今のうちから人的経営基盤の整備に着 […]
  • 処遇改善加算申請に必要な「キャリアパス要件」=介護の職場でのステップアップの仕組み作りのこと処遇改善加算申請に必要な「キャリアパス要件」=介護の職場でのステップアップの仕組み作りのこと 準備中です。

前後の記事

PAGE TOP