介護事業・福祉事業の処遇改善加算制度・キャリアパス策定・職場環境改善・スタッフ研修など、スペック経営研究所はさまざまなプロフェッショナルによる介護事業・福祉事業の経営改善支援チームです。

離職率を効率的に改善するためのポイント③

前回は、

  • 離職理由の3位~5位は
    「法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため(18.6%)」
    「他に良い仕事・職場があったため(18.2%)」
    「自分の将来の見込みが立たなかったため(17.7%)」
  • 3位~5位の本質的な課題は共通しており、ひとまとめに捉え直せば離職理由のダントツ1位であること。
  • 共通している本質的な課題とは、「期待する職員像」を明確に職員に説明できていない、あるいは説明はしていても共感を得られていないこと。

以上の内容までお話しました。(詳細については前回記事を参照ください)

 

今回のテーマは、「離職理由の3位~5位を課題をまとめて解決するにはどうすればいいのか?」です。

 

それでは早速始めていきましょう。

人事・労務に関することはお気軽にお問い合わせください!

092-555-2722
9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

前後の記事

PAGE TOP