useful-info

介護事業所がうまくいかない理由(わがままな職員/勝手な判断をする職員) – まずは組織分析から

人の面での組織分析をしたことがない法人がほとんど

弊社の事業ノウハウの柱の一つに組織分析があります。
組織分析は、どの法人でも会計・財務分析を決算時に必ず行います。
しかしながら、お金の面での会計・財務の分析は実施するのに、人の面での組織分析は会社創業以来実施したことが無い法人の方が多いようです。

組織分析は、財務分析の様に比較的わかりやすい指標で行う事ができます。
因みに組織分析システムの構造は、どんな実施手法であってもだいたい10万人から30万人程度のバックデータを基に、自社の社員一人ひとりがバックデータと比較的して現在どのような状況であるかの個人特性分析と集積を行い、そこから組織成員の集合体としての組織そのものを組織心理学的、統計学的、科学的な分析手法を用いて現状を解析していくスタイルとなります。

つまり、現在の自社の組織風土や社風、組織能力の成長度合いや疲弊度等組織の見える化をおこないますので、かなり高度な分析能力が要求されます。
それだけに出てきた結果は、経営者の経営の舵取りの成績表となり、分析結果のプレゼン時は、ほとんどの社長さん達はとても緊張すると言われます。

経営者の直感・主観と分析で得られる会社の問題点・課題点

今まで多くの一般企業の組織分析を実施してきましたが、99%程は社長が日頃、経営者の直感的あるいは主観的に見立てていた自分の会社の問題点や課題点が正しい事を裏付ける結果がでます。日頃社長が社員に言ってきた、思っている、感じている事が間違いないと証明され、多くの経営者は自分の采配に自信をもたれ、経営者自身のモチベーションがアップします。
つまり、社長の主観が高度な客観データを持って裏付けがとれるのです。

そして、社員の中で(管理職から上級幹部層が多い)会社経営や自組織に対する不満を言い続け、結局、組織能力の低下を招いている層が、建前的には会社の将来や仲間の為にと会社批判をしているのが、実は自分の為だけに居心地の良さを追求し、自己主張を繰り返し、我を通しているだけで、自分の損得を周りの同僚を巻き込んでいるだけであることも客観的にあぶり出されます。

社長が変わることが必要なケースも

しかしながら、残念ながら残り1%は社長自身に問題があり、社員に軸足をおいた、人が育つ組織作りをおこたり、利益追求を会社経営の最大の目的(利益を追求するのは経営的には正しい経営姿勢です)にして、社員を交換のきく、たんなる労働力としてしか捉えていないことも分析結果としてわかる場合もあります。

往々にして、そういう場合は分析結果を社長が経営幹部に公表することがありませんが、その場合でも、分析結果をみて深く落ち込み考え込む経営者がほとんどです。
そして、社長自身が反省し自己変革をし、組織の建直しに腹をくくり社員と共に組織能力向上の為に邁進されます。
あとは、残念ながら分析結果に鍵をかけ、今まで同じく他責に走ります。
他責に走るのは、もちろん自分の非を認めたくないために、幹部や管理職はては一般職層の社員までに責任を押し付けるのです。
それほどの結果がでる分析ですので、どの経営者もプレゼン時は非常に緊張されるのです。

ご相談・お問い合わせをお待ちしております。

092-555-2722

平日9:00〜18:00 (休・祝日を除く)

お問い合わせ

メールは24時間受け付けております。

こちらの記事も読まれています。

  • 「シフト制」労働者の雇用管理を適切に行うための留意事項~厚生労働省「シフト制」労働者の雇用管理を適切に行うための留意事項~厚生労働省 パートやアルバイトを中心に、労働契約の締結時点では労働日や労働時間を確定的に定めず、一定期間ごとに作成される勤務割や勤務シフトなどにおいて初めて具体的な労働日や労働時間が確定するような形態があります。 このような契約には柔軟に労働日・労働時間を設定できる点で当事者双方にメリットがある一方、労働紛争が発生することもあります。厚生労働省が、使用者が現行の労働関係法令等に照ら […]
  • 離職率を効率的に改善するためのポイント③離職率を効率的に改善するためのポイント③ 前回は、 離職理由の3位~5位は 「法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため(18.6%)」 「他に良い仕事・職場があったため(18.2%)」 「自分の将来の見込みが立たなかったため(17.7%)」 3位~5位の本質的な課題は共通しており、ひとまとめに捉え直せば離職理由のダントツ1位であること。 […]
  • 人事考課制度の是非について③人事考課制度の是非について③ ①と②の記事で人事考課制度の本来の目的と機能、さらには人が人を評価する難しさを記しました。 考課者(上司)と被考課者(部下)の価値観(常識)や主観(好き嫌い)を100%客観性に近づける事は難しいですが、全社員を組織自体が持っている価値観や主観に近づける事により、その企業に合った納得性の高い仕組みとして人事考課制度を機能させる事が可能であるのは事実です。 ただ、人であれ、組 […]
  • CareTex福岡2022に経営者向けセミナーに登壇しました。CareTex福岡2022に経営者向けセミナーに登壇しました。 昨年11月2日にマリンメッセ福岡にてCareTex福岡2022が開催され、SPEC経営研究所のチーフコンサルタントの 佐藤が【介護事業の経営改革は職員意識の改革から!「集団」から「組織」へと脱皮させる組織文化と制度づくり】 をテーマに講演を行いました。現在CareTex福岡の公式ホームページにて無料公開されておりますので、興味のある方は 下記のURLより無料会員登録後に […]
  • 【重要】福岡市介護事務効率化支援事業 第3弾セミナー開催(参加費無料)【重要】福岡市介護事務効率化支援事業 第3弾セミナー開催(参加費無料) 福岡市主催の「令和5年度介護事務効率化支援事業」の第3弾として「働き方改革を踏まえた介護労務無料相談会会場開催&Zoom同時生配信」を開催致します。第3弾は専門家による「働き方改革を踏まえた介護労務無料相談会」です!!   働き方改革って何!?まだまだ遅くはありません!!私たちが力になります!!是非聞きたいことがある!!という方は申し込み時の質問欄に事前にご記入をお願い致 […]
  • 【解説】CareTEX福岡2018 専門セミナー「介護事業所の経営者・施設長必見!人材定着と組織力強化のための職場改善のポイント」の担当講師による解説③【解説】CareTEX福岡2018 専門セミナー「介護事業所の経営者・施設長必見!人材定着と組織力強化のための職場改善のポイント」の担当講師による解説③ ※この記事は、前回の続きです。前回の内容をご覧になっていない方は、是非そちらもご確認ください。   セミナー資料のダウンロードは以下をクリック ⇒(資料1/2) ⇒(資料2/2)     「能力を巡る介護業界の問題」   解説②では、人材育成のおける能力(スキル)の種類と考え方につい […]
PAGE TOP