介護事業・福祉事業の処遇改善加算制度・キャリアパス策定・職場環境改善・スタッフ研修など、スペック経営研究所はさまざまなプロフェッショナルによる介護事業・福祉事業の経営改善支援チームです。

CareTEX福岡2018 専門セミナー「介護事業所の経営者・施設長必見!人材定着と組織力強化のための職場改善のポイント」開催!!

本日7月4日(水)、マリンメッセ福岡で催されたCareTEX福岡2018(2日目)にて、当研究所の佐藤康弘が「介護事業所の経営者・施設長必見!人材定着と組織力強化のための職場改善のポイント」と銘打った専門セミナーに登壇いたしました!!

 

 

 

専門セミナーの中ではもっとも早い10:00スタートにも関わらず、用意していた170席は開始時からほぼ満席で、最終的には立ち見の方が発生するほどの盛況ぶりでした。

 

 

 

参加いただいた皆様に、この場を借りてお礼申し上げます。

誠にありがとうございました。

 

 

セミナー後の名刺交換でも列を作ってお待ちいただくことになり、申し訳ないと思う半面、人材定着と組織力強化に意欲的な施設様が多くこれほど多く存在するという事実に、業界の明るい未来を予感するものでした。

 

 

意欲さえあれば、あとは方法論の問題に過ぎません。

正しい努力を、正しく実行すれば、必ず組織の人的基盤は強固となり、それは労働集約型産業の典型である介護福祉業界において、他事業所との強力な差別化に繋がるはずです。

 

 

当事務所でお手伝いできることがあるでしょうか?

時間の都合上セミナーではお伝えできなかった内容や、各施設様の個別具体的なお悩みへのアドバイスなど、ご興味をお持ちいただけるものがありましたらお気軽にお問い合わせください。

 

それでは。

 

 

記事署名:SPEC Labo. 山本慎太郎

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

人事・労務に関することはお気軽にお問い合わせください!

092-555-2722
9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 介護・福祉業界についているイメージと現実介護・福祉業界についているイメージと現実
  • 離職率を効率的に改善するためのポイント③離職率を効率的に改善するためのポイント③ 前回は、 離職理由の3位~5位は 「法人や施設・事業所の理念や運営のあり方に不満があったため(18.6%)」 「他に良い仕事・職場があったため(18.2%)」 「自分の将来の見込みが立たなかったため(17.7%)」 3位~5位の本質的な課題は共通しており、ひとまとめに捉え直せば離職理由のダントツ1位であること。 […]
  • 現場リポート②(社会福祉法人はぜの実会様)現場リポート②(社会福祉法人はぜの実会様) 10月に入って急に涼しくなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか? 今回も引き続き社会福祉法人はぜの実会様での実際の取組みをご紹介いたします。     SPEC経営研究所のご提案の特徴は、正職員・非正規職員・パートといった雇用形態の区別なく、正真正銘「全職員」が一丸となって組織改革に取り組んでいただく点にあります。 &nbs […]
  • 人事考課制度の是非について②人事考課制度の是非について② 「人事考課制度の是非について①」では、人事考課制度の意義や処遇について所見を記しました通り、中でも教育体系(教育制度)との連動の重要性は人事考課制度の運用の成否の核であると考えます。 人材育成の為の教育体系(教育制度)の連動が機能すれば組織能力のテーゼである「人が育つ組織」の実現に近づくことができます。 ただ、①でも述べた通り教育体系(教育制度)との連動の前に、「人が人を […]
  • はじめに 今回から数回に分けてプロジェクト化の様子をお伝えしていきます。 掲載許可をくださったのは社会福祉法人はぜの実会様です。 この場を借りてお礼申し上げます。 プロジェクト化とは 各職員が思っている自施設の課題を開示・整理・共有する手順です。 それが完了したら、優先順位をつけて、今年のテーマとして改善に取り組んでいきます。 はぜの実会 […]
  • 介護職員処遇改善加算について図解を交えて解説!介護職員処遇改善加算について図解を交えて解説! 平成21年から介護職の処遇改善手当の制度が設けられていますが、厚生労働省では、介護の現場で働く介護職員の方の処遇改善を図るため、平成29年4月1日から「介護職員処遇改善加算」の拡充を行っています。 介護職員処遇改善加算は公的な助成金ですので適正に交付を受け、より良い事業所作りのためにこの制度を活用しましょう。 処遇改善手当の目的 高齢化が進む日本国内では、深刻な介護 […]

前後の記事

PAGE TOP