介護事業・福祉事業の処遇改善加算制度・キャリアパス策定・職場環境改善・スタッフ研修など、スペック経営研究所はさまざまなプロフェッショナルによる介護事業・福祉事業の経営改善支援チームです。

CareTEX福岡2019 専門セミナーに登壇いたしました。

CareTEX福岡2019

2019年7月3日および4日にマリンメッセ福岡でCareTEX福岡2019が開催されました。

九州では昨年が初開催でしたが、今年も引き続き開催された形です。

大雨の懸念もありましたが、幸いなことに天候に恵まれました。

イベントの様子

同イベントでは、介護用品、機器、ソフトウェアなど様々な介護関連サービスの展示がされております。

また、会場の一区画を確保して、各方面の専門家による40超の専門セミナーも行われておりました。

SPEC経営研究所は昨年も人的基盤整備をテーマにお話させていただいたのですが、今年も登壇依頼があり、当研究所の佐藤が公演させていただきました。

セミナーの内容

人事・教育コースのカテゴリーのうち、「今こそ、辞める必要がない施設への転換を!職員を辞めない環境づくりとは?」というテーマで担当いたしました。

お伝えした概要は、強い介護事業所の定義から、そこに至るための要件、そして組織改革・活性化の手順についてです。

根底となる内容は昨年と類似しているのですが、今年は社会福祉法人はぜの実会様の許可を得て、実際のコンサルティング事例をふんだんにご紹介しました。

完了した事例紹介ではなく、今まさに取り組んでいる生の途中経過ですので、皆様の関心も高かったような気がいたします。

セミナー内でもお伝えしましたが、はぜの実会様はHPのブログをとおして、組織改革プロジェクトの進行状況をオープンにしておられます。

詳しくお知りになりたい場合は、直接HPをご覧になってみてください。

リンク ⇨ https://www.hazenomikai.or.jp/

おわりに

昨年は聴講希望が多数で、当日は立ち見が出るような状況でした。

今年はスペースもかなり広く抑えていただき、およそ160名の皆様に足を運んでいただきました。

この場を借りてお礼申し上げます。

それでは次回の記事もお楽しみにお待ち下さい。

お問い合わせ

お気軽にお問い合わせください。

人事・労務に関することはお気軽にお問い合わせください!

092-555-2722
9:00 - 18:00

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 現場リポート(社会福祉法人はぜの実会 様)現場リポート(社会福祉法人はぜの実会 様) 今回は実際のご支援の様子をご紹介いたします。   掲載の許可をくださったのは、久留米にある社会福祉法人はぜの実会様です。 今年の7月4日(水)にマリンメッセ福岡で開催されたCareTEX福岡2018にて、SPEC経営研究所の佐藤が担当したセミナーにもご参加いただきました。 10年20年先の人口動態を見据えて、今のうちから人的経営基盤の整備に着 […]
  • 介護職員処遇改善加算について図解を交えて解説!介護職員処遇改善加算について図解を交えて解説! 平成21年から介護職の処遇改善手当の制度が設けられていますが、厚生労働省では、介護の現場で働く介護職員の方の処遇改善を図るため、平成29年4月1日から「介護職員処遇改善加算」の拡充を行っています。 介護職員処遇改善加算は公的な助成金ですので適正に交付を受け、より良い事業所作りのためにこの制度を活用しましょう。 処遇改善手当の目的 高齢化が進む日本国内では、深刻な介護 […]
  • 商品紹介 「エアー除菌装置 パワーラジカル」商品紹介 「エアー除菌装置 パワーラジカル」 株式会社オールアシストより販売中のエアー除菌装置パワーラジカルの商品案内です。   商品案内はこちらから⇒「エアー除菌装置パワーラジカル パワーラジカル」   マイナスイオンとオゾン層を活用したウィルス除菌により感染予防や消臭・除菌に驚異的な効果を発揮し、新型インフルエンザウィルスでは99.99%の除菌効果を達成しており、様々な企業 […]
  • 介護・福祉業界についているイメージと現実介護・福祉業界についているイメージと現実
  • 処遇改善加算申請に必要な「キャリアパス要件」=介護の職場でのステップアップの仕組み作りのこと処遇改善加算申請に必要な「キャリアパス要件」=介護の職場でのステップアップの仕組み作りのこと 準備中です。
  • はじめに 今回から数回に分けてプロジェクト化の様子をお伝えしていきます。 掲載許可をくださったのは社会福祉法人はぜの実会様です。 この場を借りてお礼申し上げます。 プロジェクト化とは 各職員が思っている自施設の課題を開示・整理・共有する手順です。 それが完了したら、優先順位をつけて、今年のテーマとして改善に取り組んでいきます。 はぜの実会 […]

前後の記事

PAGE TOP